読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入社時手続

小さな会社の事務手続き

プロローグ

kanja.hateblo.jp

本人に提示してもらうもの

個人番号

  • 本人の個人番号と被扶養家族の個人番号の確認する。
  • 印刷するか、書き写して原本は本人に返しましょう。
  • 個人番号の取り扱いには注意が必要です。弊社では「個人番号利用目的通知書」を発行して、全員に渡しています。
  • 確認できる書類は以下です。
    1. 個人番号カード
    2. 通知カード
    3. 個人番号が記載された住民票の写し

基礎年金番号

  • 本人と配偶者の番号を確認する。
  • 年金手帳で確認しましょう。
  • 年金手帳は会社保管しなくても良いです。印刷して返却しましょう。*1

源泉徴収票

  • 同じ年に他社での給与を得ている場合は、前職の源泉徴収票をもらいましょう。年末調整で必要です。

雇用保険被保険者番号

  • 新卒など、雇用保険に加入したことのない人はこの番号はありません。
  • 転職の場合は、前の会社から貰う、雇用保険被保険者資格喪失確認通知や離職票で確認しましょう。

本人確認書類

  • 住民票記載事項証明書・運転免許証等で氏名・住所・世帯等を確認しましょう。

社員に記入してもらうもの

従業員台帳

  • ここに基礎年金番号を記入しておきましょう。
  • 本人確認書類で住所などを確認しましょう。

誓約書

  • 例えば秘密保持誓約書。

厚生年金・健康保険被扶養者資格取得届

  • 年金事務所に提出します。

健康保険被扶養者(異動)届

  • 被扶養者がいる場合のみ必要です。
  • 年金事務所に提出します。

国民年金第3号被保険者資格取得届

  • 健康保険被扶養者(異動)届と綴りになっています。
  • 被扶養者となる配偶者がいる場合に提出します。
  • 年金事務所に提出します。

雇用保険被保険者資格取得届

平成29年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

  • 給与の所得税の計算で使用します。
  • 他の社員からは年末調整の時期に翌年分を預かります。
  • 次の年末調整の時期まで大切に保管しましょう。

*1:会社で預かるところもありますが、紛失等のトラブルを防ぐため、預からない事をオススメします。