ダイヤモンドが欲しい

https://www.diamond-bourse.com/product/561183

ダイヤモンドの一粒ネックレスが欲しくて、
ずっとずっと探してるけど、
「それ、男が時計と靴だけ良いもん買うのと一緒でしょ」って言われて一瞬で冷静になった。

電車通勤してた時、いい時計してんのに、安モンのスーツ着てるサラリーマンを見て、イビツな世の中にちょっとしんどさを覚えた。繊細だった若い頃。

おばさんになって、その繊細さを失った。というより、こんなに仕事して、何になるんだろっていう、そこはかとない不安が物欲に転化してるのかもしれない。

とりあえず、宝石屋さん巡り。早くも目が肥えてきた。ブランドにはこだわらないけど、どの角度から見ても虹色に光るダイヤモンドが欲しい。

ブランド時計とダイヤモンドの違いは、中古で値がつかないこと。ダイヤモンドはめちゃくちゃ大きいのでないと殆ど値がつかない。資産的価値を求めるならゴールドに限る。

こういうのって、手に入れた瞬間に色褪せるの分かってるのに、何を悩んでるのかしら。